心の「いばしょ」がここにはあります。

「心のいばしょ 悠」の永金みち代です。

心が闇に覆われると、自分らしさとは何なのかが分からなくなるものです。
常に自分のダメなところ(受け入れられないところ)に目を向け、それを必死に隠そうとしたり、改善しようとするなど無理をして苦しくなったり、人の目を気にし、どう思われるかを気にして、自分でない自分を演じ苦しんだり、そうして、自分を隠そうとすればするほど、改善しようとすればするほど、できない自分が嫌になり、精神面はどんどん不安定になり負のスパイラルにはまっていきます。

本当は欠点があるから不幸なのではなく、 欠点が受け入れられないから不幸と感じるんです。
  できないときもある。
  欠点がない人なんていない。
  いいところはたくさんある。
  いいところに目を向ける癖付けができていないだけ。
ありのままのあなたで大丈夫だから!

ありのままの自分を受け入れ、自分のいいところに目を向けられるようになると、 心穏やかにいられる時間が増えてきます。
   人目が怖い。
  どう思われるかが気になる。
  自分が受け入れてもらえないように感じる。
  孤独感。
  疎外感。
  無力感。
  毎日が不安でたまらない。
  人から言われた言葉に傷つきやすい。
  ちょっとしたことで悲しくなる。
  イライラが抑えられない。
  ・・・。

 これらの自分を苦しめる負の感情はすべて、幼い頃から身につけてきた 心の癖が引き起こします。
 心の癖は幼い頃に自分の心を守るために身につけたお守りでした。 しかし、大人になった今、幸せな毎日を送るためには、そのお守りが 悪い影響を及ぼします。
 あなたが持っているお守りを1つずつ見つけ、手放す作業をしていくことで、 本来の自分を取り戻せます。

自分らしさを取り戻し、心穏やかに毎日を楽しく送れる人が増えることを 願っています。

>「心のいばしょ 悠」サービス一覧

>ブログ


更新情報・お知らせ

2016/06/05
ホームページ開設NEW